質屋今昔物語

品物を預かって、お金を融資するというシステムの質屋ですが、700年の歴史があるといいます。

「質入れ」といって、品物を預け、査定金額以下の金額を貸付けしてもらうことが可能です。

品物は「質蔵」に保管され、期限内に元金と質料(利息)を返せば、品物は戻ってくる形になっています。

一般的には、このシステムが発達したのは、貨幣経済が発達してきた鎌倉時代からではないかと言われています。

それまでは、物々交換だったものが貨幣経済に変わり、どうしてもお金でないと買えないものが出てくるわけです。

時代劇などのドラマでも、大商人が武士にお金を貸したりするところをよく見かけますが、農家はもちろん、武士などは日銭が入るという人は少なく、庶民も何かを担保にして、質屋を利用していたというわけです。

そのため現在のようにクレジットカードなどが一般的になるまでは、質屋で預かる品物は、衣類や生活用品などが多かったようです。

最近では、「買取り」で、質屋を利用する人も多く、取り扱っているものは、ブランド品や貴金属が多いようです。

また、カメラやパソコン、オーディオ機器、プレイステーションやDSなどゲーム機も増えています。

もちろん洋服なども扱ってはいますが、流行の移り変わりが大きいので、思ったほど高値の査定が出ないときもあるようです。